2020年、金相場の「急高騰」と「急落」の見極め方/リスクを回避して高騰中の金売却を狙おう

金の売却を検討し始めたときには、「損をする可能性」について考えなければいけません。

金の価格は上昇傾向にあるといわれていますが、知識のないまま売却をしてしまうと、折角高く売れるチャンスを逃してしまうかもしれません。

相場とは、上がったり下がったりするものです。

相場をこまめにチェックし、見極めることが大切です。

現在高騰中で上昇傾向にある金ですが、

「急落」という可能性はあるのでしょうか。

最近では、新型コロナウイルスの感染拡大にともない金やプラチナの相場が乱高下しており、日々の相場変動が激しくなっています。

そのリスクを把握した上で、売却を検討しなければなりません。売却をする際は高騰中の魅力だけではなく、そのチャンスを逃さない為のリスクについても知っておく事をおすすめします。

今回は、売却する前に知っておきたい金相場の急落について、解説していきます。

急落するといわれる条件5つ

初めて金を売却する際に、気にしなければいけないのが「金相場が急落する可能性」です。

安定性が魅力といわれる金ですが、これまでの相場をチェックしてみると、上がったり下がったりを繰り返しています。

今後の金とどのように向き合っていくべきかを知るためにも、「急落の可能性」についても考慮しておくことが重要です。
では具体的に、金の相場はどのような条件が重なったときに急落する可能性が高いのでしょうか。

急落するといわれる条件をまとめました。

  • ・金の供給量が増える(希少価値が薄れる
  • ・金の需要が減少する(他の商品の需要が増え、金の必要性が下がる
  • ・世界経済が安定し、金以外の投資対象が増え、その魅力度が上がる
  • ・テロや戦争など、地政学的リスクが極めて低い(影響が大きく出ない
  • ・世界的な富豪や投資家たちが、金の買い占めを行わない(金が手軽に持てるようになると希少価値は下がる

金だけはなく、他の商品も市場に出回っている量が充分で、多くの人に「求められない商品」は、価値を下げていきます。

一般的な投資対象により、変動することも。

株など一般的な投資対象のリスクが考えられる際には、金に信頼が集まり、高騰傾向があるようです。
特に下記に関する状況に変化があれば、金相場の動きも変化すると考えられます。

  • ドル上下動
  • 米金利上下動
  • 景気動向および世界情勢(各国の緊張状態など)

本来、米金利が上昇すればドルが高騰し、金価格は下落します。逆に米金利が低下するとドルも下落し、金の相場が高騰します。
金の相場はドルと米金利、それぞれと逆の関係にあるわけです。

また、世界情勢も金の相場に影響を与えます。

実際に、投資ニュースでは株が不安定になっている時に、金の保有量が上昇しているという内容も報道されています。

長期的にみると、急落のリスクは低い

「有事の金」という評価からもわかるとおり、長期的に保有する投資対象としての揺るぎない信頼性は今も崩れていません。

2020年10月現在もなお、新型コロナウイルスの脅威にさられています。この“コロナ・ショック”を受け、“安全資産”と謳われる金に着目する投資家が急増しています。

金は長期的にみれば安定した相場を維持しています。ただ、金相場は日々変動するため、昨日・今日・明日では金額が異なります。

金の買取・売却をお考えの方はこまめな相場チェックが必要です。

投資対象としての金の評価は今後も揺らぎそうにありません。
近年は、電子機器などの部品素材として工業利用するケースも目立ってきています。

多くの方がスマートフォンやタブレットなどの携帯端末を所持していることを考えますと、金を工業利用する例は今後も増えるでしょう。
こうした流れを見てみると、金を必要としない生活が来ることが、非常に低いと考えられます。

金の需要は今後も高まり、長期的にみれば急落の可能性はとても低いのではないかと考えられています。

人類史上、金の価値は変動を続けています。ときには、急落といわれる価値変動も起きました。
しかし、それもあくまで重要と供給のバランスによるものであり、金そのものの価値がなくなったことはありません。

この価値は、金の化学的な性質に由来しています。
金は極めて酸化や腐食に強い金属です。さらに、一度溶解したとしても再び金として再生できます。

まさしく「なくならない金属」である金は、価値も普遍です。この事実は投資対象として絶対的な安心感につながります。「価値急落の可能性が低い」という評価は、この化学的性質に裏付けられているのではないでしょうか。

しかし短期的にみると、金を売って他の投資や現金貯蓄に変える人々も。

長期的には、急落の可能性が低いといわれる金。しかし短期的な目線でみれば、少し状況が変わってきます。

世界の金の動きが原因で、相場が大幅に下がることもあり得るでしょう。実際にここ数年、世界の金相場は下落傾向にありました。
金以外の投資対象の魅力が上がったことで、金を売ってほかの投資を行う方が増えてきたのです。

「できるだけ沢山の利益を出したい」時は高騰中のタイミングを狙う

新型コロナウイルスの影響もあり、現状は高騰が続いているものの、平時よりも相場は乱高下している印象です。

もし、短期的目線で金の売却を検討しており、「できるだけ多くのもうけを出したい」と思っているのであれば、売却時期は慎重に決定するのがオススメです。

近年の日本における金相場は、円安の影響を受けて、海外ほど値下がりしていません。
日本ならではの事情も踏まえて、適切な売却タイミングを見極めてください。

金売却するのにおすすめなのは「全店舗直営店」の買取店「かいとる」

安心できる「かいとる」の魅力
高価買取できる理由

  1. POINT1:全店舗直営店なのでフランチャイズのようなロイヤルティーなどの無駄なコストが掛からない為、高価買取することが出来ます。
  2. POINT2:口コミメインで運営しているので、本来広告にかける予算を買取予算に回すことで、高価買取を実現しています。高く買う、それが一番の広告としています。
  3. POINT3:海外を含めた独自の流通ルートが多数あり、買取した商品を高く売ることができる為、高価買取する事が出来ます。
  4. POINT4:買取した商品のメンテナンスを自社で行うことで、業者依頼する費用をカットする為、高価買取出来ます。

調査機関によるアンケートにより、
満足度1位を3冠取得しているので信頼性が高く、おすすめです。
L I N E査定や宅配買取など、最新の買取方法も積極的に取り入れている事から
様々買取のノウハウがあるため、高価買取してもらえる可能性が高いです。

かいとる公式ホームページはこちら

かいとる店舗情報

綾瀬店

東京都足立区綾瀬3丁目5−17 綾瀬フレンドハイツ 102号室
℡03-6802-6664
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00~20:00

西新井駅前店

東京都足立区西新井栄町2-3-13 
中里ビル1階
東武伊勢崎線 西新井駅西口より徒歩1分
℡03-5888-6941 
定休日:毎週火曜日
営業時間:10:00~20:00

結論:今回記述した、急落の可能性も踏まえて
適切な売却タイミングで、リスクを回避し
ベストな価格で売却できるように相場はこまめにチェックしましょう