プラチナ刻印と種類

プラチナ

金と同様にプラチナのネックレス・リング・ブレスなどの製品にも刻印が存在します。

その刻印が示す数字によってプラチナの純度が関係してきます。

プラチナも金と同様に他の金属を混ぜて加工しネックレスやリングを製造していきます。

プラチナの刻印

Pt 1000  Pt 999

Pt 1000とはプラチナの比率が100%ということを表します。

純度が高く柔らかい性質の為宝飾品にはあまり使われることがなく、投資用の商品や工業用、産業用商品として使用されることが多いです。

Pt 1000は現在ではPt 999と表記するするブランドも増えてきました。

理由は現在の技術で純度100%のプラチナの製造が出来ないためです。

実際には99.95%の含有率でほんの少しだけ不純物が含まれています。

よってどちらも同じ意味をお表しています。

Pt 950

プラチナの中で、最もジュエリーなどの宝飾品に適しているのがPt 950です。

実際にティファニー、カルティエなどのブランドではPt 950が多く使われています。

また結婚指輪などにも使われています。

Pt 950とはプラチナの純度が95%であることを示します。

Pt 900

買取店でプラチナ買取で一番多いのがPt 900ではないでしょうかというくらい

目にする機会が多いかもしれません。

Pt 900は純度90%で残りの10%は割金(パラジウム)や光沢の出る金が入っています。

Pt 850

Pt 850はプラチナ刻印の中では最も硬いプラチナです。日本では昔から人気があったプラチナのアクセサリー非常に需要も高く、ネックレスや特にブレスレットなどに用いられることが多いのが特徴です。Pt 850はプラチナ純度85%残りの15%は割金(パラジウム)や光沢の出る金が入っています。

実は国際基準においてプラチナといえばPt 950以上の物を指します。

Pt 950未満プラチナは表記することが認められていません。

しかし日本ではプラチナは人気の為、汎用性を他帰る為Pt 900やPt 850の商品もプラチナとして販売されています。