金の刻印の種類について

金の刻印

金のネックレスやリング、ブレスレットなど、金製品を見ると【K18】や【K24】といったように刻印が必ず打たれています。

刻印とは製品の素材が分かるように打たれています。

こうした刻印は金製品だけではなく、プラチナ製品にも【Pt1000】【Pt950】などの刻印が入っていたり、ダイヤモンド付きの製品には【D.1.045】と言ったようにダイヤモンドの大きさを表しているものもあります。

ここでは、一般的な金の刻印についてご紹介します。

日本では、金の純度を表す【カラット】のKの後ろに金と他の金属の割合を示す数字を打ちます。

我々が一般的によく目にする刻印は下記のとおりです。

K24 K23 K22 K18 K14 K10 K9となります。

しかしヨーロッパなどではK○○と刻印せずに1000分率に換算した数字を打ち込みます。

代表例は下記になります。

K24=1000または、999.9やFINE GOLDという刻印もあります。

K18=750

K14=585となります。